Macで遊ぼう
   Macで遊ぼう。
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

アップルパイ

Author:アップルパイ
1999年にリンゴをかじりました。それ以後リンゴが無いと生活できない状態になっています。
スタイリッシュで簡単操作、人に優しいリンゴの魅力にとりつかれ仲間を増やすために日夜活動しています。
■ビデオPodcast始めました。広島県北の自然・歴史・文化・イベントなど紹介します。
  


■コンサートやイベント情報
先行抽選販売が行われているもの,チケット発売が行われているものなど随時更新中。旅行先の情報も調べてみると旅の楽しみが広がります。

九州・沖縄コンサート情報
中国・四国コンサート情報
関西コンサート情報
中部・北陸コンサート情報
中部・北陸コンサート情報
関東甲信越コンサート情報
東北コンサート情報
北海道コンサート情報

■全国どこでも宿泊予約は
楽天トラベル

■田舎の写真集
「比婆の自然」
「比婆の自然2」













QRコード

QRコード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 アルパイントレッカーとゲッコフリーライドのチェック
サロモンリッパーにアルパイントレッカーとゲッコフリーライドを取り付けて初歩きに挑戦。


アルパイントレッカー

IMGP6569.jpg
アルペンビンディングを装着した板で、シール歩行が可能になるアタッチメントそれがアルパイントレッカーです。
使い方は簡単ブーツにアルパイントレッカーを装着してそのまま板を履くだけです。
アルパイントレッカーの調節はドライバー1本で簡単にできました。
サイズ調整後ネジ4本で固定しますが、軽量化のため丈夫な作りとはいえません。
ネジがゆるんで無くなる可能性があるのでネジの予備を用意することにしました。

Gecko(ゲッコ) フリーライド

IMGP6571.jpg
シールについて調べていて初心者が使うならこれだと思いました。
他のシールは板からはがした後シール同士がくっつかないようにシートに貼り付けて収納しますが、フリーライドはシールを貼り合せて収納できます。
ほかにも使いやすさがいっぱい。
①革新的な分子吸着効果(今までのシールは接着)により乾いている・濡れているスキーにもしっかり接着します。
②接着力の低下がほとんどない。
③水洗いできる。
④接着面同士をくっつけても大丈夫なのでツアー中にコンパクトに収納できる上に、接着面にチートシートが不要
⑤温度変化に強く、高温の環境下でも接着面が粘つくことがなく、低温の環境下でも接着力に殆ど影響なし。

使う前にはスキーに合わせてカットします。
カットのための専用のツールもありますが、カッターナイフとはさみでできます。

フリーライドをスキーに貼付けてカッターナイフではみ出す部分をカットします。
エッジに沿って切っていくだけなので特に問題はありません。
始めての経験なので固いものを切るイメージでいましたが、予想に反しカッターナイフでスーッと切ることができました。
また、テール部分は型紙にあわせて普通のはさみでカットしました。
テール部分に「ベルトとフック」を付けるために穴を2ヶ所あけます。
これは金づちと釘で行ないました。
シールとベルトの取り付けはリペットで行ないます。
リペットはペンチではさんで固定しました。




スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

バックカントリースキー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:125
(2013/02/02(土) 20:28)

 アルパイントレッカーとゲッコフリーライドで登坂練習(吾妻山)その1(追加)
このところ土日に行事があって雪が降っても滑りにいけなかった。
そうこうしている間に雪も減り、スキー場へ行ってもあまり面白くない状況になってしまった。
また、先週から急に暖かくなり滑りに行けるのも最後になるかもしれないので、アルパイントレッカーとゲッコフリーライドで登坂練習をすることにした。



行ったのは広島県庄原市比和町吾妻山の麓。
吾妻山には休暇村があるが、最近は冬季は閉鎖中で4月からオープンする。
その関係で民家が無くなる麓から先は除雪されていないのだ。

■3月9日、ドルフィンバレイ側から登ってみた。
今回はドルフィンバレイ側の麓から吾妻山休暇村へあと2Kmの看板がある先、ドルフィンバレイがよく見えるところまで行き(約70分のハイクアップ)終了。

■雪の状況
・林の中は雪はしまり雪,道路の日陰はザラメ雪,日の当たるところはザクザクのザラメ雪(ぬれざらめ雪?)

■やってみて分かることがある
・シール歩行がこんなに楽なものかと感激。スノトレや長靴であるく何倍も快適に歩けます。
登り坂もスイスイ。少し急でも真っすぐ登れます。
・不思議なくらい息切れをしませんでした。食後の散歩しかしていないのだけれど,体重が20代のころと同じになったので楽なのかもしれません。
・1時間ぐらい快適に歩いていましたがその後急に脚が重くなりました。入院中に脚の筋力が落ちたことが原因だと思いますが,アルペンブーツとアルパインとレッカーの重さも関係していると思います。
・ストックのリングはやっぱり大きくないとだめ,強い力をかけると埋まります。
○来シーズンに向けて基礎体力つくりが必要。
・夕食後の散歩で週何回かはリュックにペットボトルを入れて負荷をかけてみる。
・リフト終点から2時間程度のハイクアップなら今の組み合わせで大丈夫。それ以上のことをしようと思えば,バックグラウンド専用のブーツと金具を買うことが必要だろう。(ストックも)

■お知らせ
3月9日現在、車道にはまだ雪がしっかりあるので普通の車では休暇村まで上がれません。
登り始めの雪の量は多くないので、行けると思って上がっていると所々にある吹きだまりで亀になりますよ。

■行程と状況
スクリーンショット(2013-03-11 22.10.23)
・赤線が通ったところです。
・太い赤線が林の中(大まかなイメージ)
・細い赤線が車道

ここから一車線の山道です。3月9日現在除雪はしてありません。
2013-03-09 08.43.17
すぐそばに小さな橋があります。その先からは車道を通らず杉林の中を登って行きます。

橋の上から撮影
IMG_0454.jpg

車道は右に大きく曲がっていきますが、左の林の中へ入ります。(林道があります)
途中まで杉林の中を林道が通っています。
IMG_0467.jpg

林道はそこだけ開けているので雪があっても迷わず進んでいけますが、沢沿いを歩いてみました。
IMG_0459.jpg

IMG_0460.jpg

IMG_0456.jpg

しばらく行くと沢沿いは通れなくなるので林道へ戻ります。
IMG_0464.jpg

おっと溝が・・・狭いので雪のあるところをまたぎました。
IMG_0472.jpg

IMG_0474.jpg

振り返って撮影。
IMG_0482.jpg

右上に車道が見えます。この先で林道は終わります。
IMG_0484.jpg

林道がなくなったところから少し行くと深く落ち込んだ沢となります。
また、その先が切立っているので林の中を右上に進み車道をめざします。
車道手前から振り返って撮影。写真右側を登ってきました。
IMG_0487.jpg

ここを登ると車道へ出ます。
IMG_0488.jpg

車道へ出ました。
IMG_0489.jpg

ここからは車道を通ります。続く・・・・・。
[アルパイントレッカーとゲッコフリーライドで登坂練習(吾妻山)その1(追加)]の続きを読む

テーマ:広島 - ジャンル:地域情報

バックカントリースキー | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:112
(2013/03/10(日) 19:57)

copyright © 2005 Macで遊ぼう all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。